sey

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2−5】東アジア鉄道の旅−オセアニア2015年4月−

<<   作成日時 : 2015/04/28 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6日目(クイーンズタウンへ、市内散策)

 ホテルをチェックアウト、再びエアポートリンク(空港列車)でシドニー空港へと思ったら、窓口で4AU$(400円)のチケットを渡され本日は日曜でエアポートリンクは運行していない、駅構内を出たところで空港バスに乗るように案内、矢印看板も出ていた。
 バスは渋滞もあって30分程かかった。平日も空港バスで市内へ割安に行けるよう。到着したシドニー空港で持参した日本円と余ったオーストラリアドルをニュージーランドドルに両替、トラベレックス社なのでレートは日本でと変わらない。それにしてもニュージーランドも物価高が心配。ニュージーランド紙幣もやはりポリマー幣。シドニー国際空港T1はターミナルは一つで入出国審査、荷物検査に長い行列、時間がかかる。

 搭乗口からはバスで移動して機内へ。これからは全てニュージーランド航空の利用となるが、クイーンズタウン行国際線A320は3+3席の小型機、それでもシーズンオフか日曜日のせいか空席が目立つ。女性でロングドレスをカバーに入れて大事そうに機内持ち込みの方が2組。秋は結婚式のシーズンで、前日夜にパーティに参列したのかも。
 定刻で出発だが、うまく気流に乗ったのかクイーンズタウン空港に20分程の早着。面白いのは最後の着陸態勢で逆S字型に旋回して着陸したこと。高原で山が迫り横風を避けるためのよう。そのため窓側の乗客は無料で少し雪を頂いた山並みの風景を観覧。到着した空港ではタラップを降りて徒歩で空港ビルへ、これは私も久しぶり。

 到着したクイーンズタウン空港は小ぢんまりとした空港、ここで入国審査と税関検査。私はニュージーランドに5日間滞在予定で、入国審査では日本帰国便も含めて残り3本のフライトのEチケットを見せて説明。税関では中型リュックひとつで逆に荷物が少ないため質問を受け、リュックを開けて衣類のみと説明する羽目に。空港到着でX線検査と麻薬犬でのチェックは全員。私は一切ないがニュージーランドも食料品の持ち込みを厳しく制限。さらにオーストラリアで山歩きやゴルフプレーでの靴底付着土の有無まで聞かれた。
 クイーンズタウンはニュージーランド南島南部の高原。空港ビルを出ると気温が低く、風もあって肌寒く上着が必要。

 ニュージーランドは日本の3/4程の大きさ。島国で火山・温泉が多いという点でも親しみやすい。今回1NZ$=100円換算。空港から市内へはコネクタバス#11を利用、ここから乗車したのは私だけ。現地の方は皆さんマイカー、乗合タクシーのよう。
 終点のクイーンズタウンまで料金は12NZ$(1200円)、こちらも割高感。乗車のさい運転手に支払、レシートもくれる。

市内中心部の終点まで25分程。市街地には大きな湖があり、雪を頂く山が前面に迫り、絵にかいたような美しい街並み。背後地にも間近に低山・斜面があり独特の街の雰囲気。私はしばらく写真撮影に没頭。英女王にふさわしい町との命名とか、想像以上の美しさに納得。人口は1万1千人で、小ぢんまりとしているが、夏は避暑、冬はウインタースポーツと一年中観光客でにぎわう。日本だと軽井沢のイメージ。午後5時で電光表示板の気温は13℃と表示、歩いているので寒いとは感じない。今回クイーンズタウンは一番南の寒冷地、明日は北(赤道方面)へ移動。

 予約したホテルにチェックイン、料金は支払い済みだがデポジット20NZ$(2000円)。窓口は若いバックパッカーで混雑。私は個室だがトイレ・シャワーはやはり外。部屋にはベッドのほかTV、冷蔵庫、2人部屋のシングルユース。ポット、ティーセットもあったので特別室だったかも。残念ながらWiFiは有料、24時間4NZ$(400円)はまあまあ。
 夕食は宿泊ホテル近くの日本居酒屋で醤油ラーメンを注文、味はそこそこ。小ぶりだがシニアの私はこれで充分。店員が日本人なので気が楽。夏のハイシーズンも終わり、一息ついたところだと聞く。開店間際に行ったが席には予約席の札がいっぱい、私はカウンター席に案内された。

 ニュージーランドの大手スーパーのチェーン店はCountdown、New World、PAK'n SAVEの3社がある。クイーンズタウンには中堅のチェーン店Four Squareが出店、明日の朝食用と非常用シリアルバー1箱を購入、経費節約。

画像シドニー空港
エアバスで国際線Tへ
オーストラリアからニュージーランドへ







画像シドニー空港
大事なドレスは前夜にパーティか








画像機内
3+3席








画像ニュージーランド
クイーンズタウン空港
ジドニーとの時差は+2時間、時計を2時間進める







画像クイーンズタウン空港
山が迫る








画像クイーンズタウン空港
明日再びここに








画像クイーンズタウン空港
コネクタバス#11(黄色)バス乗場
今回一番の南、高地のため風が強い







画像バスチケット(2回分)









画像クイーンズタウン空港
夏の避暑地、冬のリゾート地








画像クイーンズタウン・モール
近くに中堅スーパーチェーン店Four Squareが出店、また小さいながらもカジノも2つある







画像クイーンズタウン
ボードウォーク








画像クイーンズタウン
湖のセンター施設








画像クイーンズタウン
ワカティプ湖、湖は標高310mに位置、川や湖のある街は絵になる








画像クイーンズタウン
遊覧船








【クイーンズタウン】

画像









画像









画像









画像









画像









画像









画像









画像









画像









画像









画像高台遠景









画像本日は雲があり星空は不可










【2−6】へ http://sey.at.webry.info/201504/article_8.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2−5】東アジア鉄道の旅−オセアニア2015年4月− sey/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる