sey

アクセスカウンタ

zoom RSS 【3】東アジア鉄道の旅−インド南部2014年11月−

<<   作成日時 : 2014/11/22 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

旅のまとめ 2014.11.22

(振り返り)
 インドは2回目、すぐに違和感は解けた。見慣れた人と動物の景色ではある。どこでもインドは人であふれ返っている、これが一番の印象。もちろん若い人が多い。またインド人は基本的に親切で優しい。自己主張は強いが好奇心旺盛なので、他人の様子・行動をよく観察している。外国人でシニアの私は見られているなと感じるが、分からないことがあるとすぐサポートしてくれる雰囲気がある。
 肉類が苦手で偏食の私にはインドの食事は合わず、本当に食べ物に苦労した。基本的にチキン、鶏卵、バナナしか食べられない。インドのパンは多量の油を含む。ふわっとしてしっとりのパンは洋式、値段も高いがめったに手に入らない。スーパーで購入するブレッドはパサパサしてダメ。パンは専門店で選ぶしかない。

(印象に残ったこと)
 前回の北インド訪問で慣れてはいたが、やはりムンバイで人の多さは驚き、人口のパワーを感じた。そして蒸し暑さにびっくり、この時期半袖・半ズボンで良い。街歩きの気力は失せる。幸い予想に反して蚊、ハエはいない。持参した虫よけ小型スプレーは不要。
 高原のアウランガーバードはさすがに耐えられないほど暑くはない。ムガル帝国の由緒ある街で世界遺産もあるので当初、静かな歴史都市と想像していたが道路は排気ガスがひどく、どこにでもある雑然とした地方都市。埃っぽく街歩きには不向き。ただ、人は素朴で優しい。道に迷っている私をみるとすぐアドバイス。
 同じく高原の街・州都ハイデラーバードではイスラムとヒンズーが仲良く融和した状態との印象。分離独立の悲劇を体験した北インドとは事情が異なるよう。本来、宗教や教義自体の違いは問題とならないはず。宗教は他者への寛容を説いているもの。
 チェンナイは南インドでもかなり南部、高温多湿の地域。そのため湿潤で緑豊かなイメージを抱きがち。今回郊外の住宅地歩きをして分かったのは、雨季のこの時期は雨水が住宅地に滞留、道路も水たまりで歩きづらい状態。急速な人口増、都市化したため、排水溝や下水管整備が追いつかないよう。市民生活に支障と感じた。
 北東部のコルカタも駅前は人でごった返す。市街地での自動車の運転は我先で歩行者には恐怖。旧都・多民族の街に暮らす現地ベンガル人の気質によるところが大きいよう。コルカタ風物詩のフェリー乗船は川風に吹かれて心地よく、とても印象に残った。
 さらに、アポなし訪問となったが、チェンナイ郊外にあるインド創価池田女子大学Soka Ikeda College of Arts and Science for Womenでは直接会って話ができたので特に印象深い。女性蔑視の根強いインドで、女性が大学教育を受けるのは大変なこと。女性が明るく自信をもって社会で活躍できる道が開かれていることに、一つの光明を見る思いがした。

(ホテル)
 今回手配したのは全て中級ホテル。エアコン、ホットシャワー、トイレットペーパーも可だが、インド流に水桶と手を使って流すのも悪くはない。シャワーガンもあるので慣れると使い勝手が良い。不思議なのはどこも領収書を発行しないこと。カード支払い済みでバウチャー持参の場合はなくても構わない。しかし、レストラン食事サイン分やすべて現金払いの場合には領収書はあってしかるべきだが、インドでは結果が同じなら要らないのではと思うしかない。個人的にはペーパーレスはエコで良いとも思う。なお、インドでは領収書がない場合は税金がかからないはず。
 また、電気ポットが室内に置いてあったのは1軒のみ。ペットボトルの水を沸かして、持参したティーバックでお茶を飲んだ。他でもフロントに頼めば貸出があったかも。特に私は後半下痢気味だったので、冷たい水、ジュースのガブ飲みを反省。暑い日には、熱い飲み物に限る。

(インド鉄道)
 ムンバイとチェンナイではラッシュを避けて近郊列車に乗車。問題なく乗車でき、すべて着席。ドアを開けたままの走行は風が涼しく、低速なので怖いとは感じない。インド流は、それはそれで良いのかも
 今回、長距離列車に4本乗車、いずれもA1かA2のハイクラス。駅での荷物・身体検査はなく、自由にホームに入れる。ホームには水道もある。駅はどこでも大勢の人でごった返している。
 また、2月に北インドで乗車した時はA1クラス(ファーストクラス)の車両はS表示だったが今回はAH表示に変更。ロークラスSLとの混同を避けるためだろうか。そのAHで今回2人個室(車両半分のみ設置)を1回体験。インドでもこうした車両が選択される時代。
 チェンナイ周辺部では海岸線を列車が走行する風景を期待していたが、沿岸部でも海岸線に接近することはなかった。インドは土地が広いのでわざわざ人の少ない海岸線を走行する必要もなさそう。
 幹線の軌道は複線で、列車は日本と同じ左側走行。基本的に鉄道に信号システムはないが一部区間で3線上の列車を同時に処理するために、信号一時停止がある場合も。また、ターミナルでは入線待ちで一時停止、当然構内信号もあるが鉄道無線で状況確認をしているよう。
 2月と今回の11月でインドの主要都市を列車で訪問。インド鉄道は保線状態も良好、だいぶスピードアッフしつつある。広軌で直線を目視100km/H程度の走行は、なかなか快適。ただし一時停止は頻繁。

(まとめ)
 インドを訪問すると人口の多さ、若い人が多いことに驚く。正に人口は国のパワー。先進国・成熟社会の日本とBRICS新興国インドを比較すると、シニアの私は落ち着いた静かな街に暮らす日本の方を、当然選択する。
 インドの精神性とは、相互依存と自然との調和(共生)にあると言ってよい。経済発展に伴う負の要素として、経済格差が拡がり、拝金主義と我先の自己中心主義が蔓延し、環境破壊と公害発生は避けられないもののよう。日本をはじめとする先進国はそれらの弊害を克服してきて今がある。さらにインドは宗派と身分が固く結びついた複雑な階層社会という課題を抱える。この面で、先進国日本のノウハウで活用できるものがあれば、積極的に協力をすべきと思う。
 中国は文化大革命で長幼の序を壊し儒教の精神は失われ、自己中心の拝金主義一色となった。今の中国社会に何らかの精神性を感ずることはない。また、一人っ子政策で甘やかされたひ弱な若者が目立ち、将来に不安。いずれ中国が人口減少に転じた時、土地利用権を省政府が管理し、莫大な開発マネーを財源とする経済成長の手法に限界が来るのはほぼ確実。
 12億の人口、世界最大の民主主義国家インドの精神性はそれほどやわではないと認められる。ヒンズー教では一部に宗教改革(宗教の内面化)も見られる。教育水準と所得水準の向上がインドで一刻も早く実現されることを願う。

画像ムンバイ
空港T2から市内へ








画像ムンバイ
MUNBAI CST駅構内








画像アウランガーバード
駅前に展示








画像ハイデラーバード
SECUNDABAD JN駅前








画像チェンナイ駅前









画像コルカタ
第二ハウラー橋









最終日程 2014.11.11〜22

               SQ635       SQ422        Walking         Mumbai Metro Rs.15  
11/11(TUE)HND→→→→→SIN→→→→→BOM→→→→→Airport Road→→→→→Andheri RS
          2255   36A  T2 0520+1 36A  1040   15min.
                    T2 0745
Suburban Train Rs.10
→→→→→Mumbai Central RS
          
11/12(WEN)※Staying in MUMBAI  

               Suburban Train Rs.10            17617 TAPOVAN EXP Rs.358
11/13(THU)Mumbai Central RS→→→→→DADAR(MUMBAI)→→→→→AURANGABAD
                               0630          CC C1/15  1315

11/13(THU)〜11/14(FRI)※Staying in AURANGABAD, Going to Ajanta & Ellora

                 17063 AJANTA EXP Rs.1244
11/15(SAT)AURANGABAD→→→→→SECUNDABAD JN(HYDERABAD)
           2245        1A HA1/C 0855+1
                           ※Retiring Room/No.7  Rs.622.47  
              
                     12760 CHAR MINAR EXP Rs.1056
11/16(SUN)HYDERABAD DECCAN→→→→(SECUNDABAD JN)→→→→→→CHENNAI CENTRAL
          1830             2A A1/7 1850                    0815+1
                                 1855 
11/17(MON)※Staying in CHENNAI

                  12842 COROMANDEL EXP Rs.2746
11/18(TUE)CHENNAI CENTRAL→→→→→HOWRAH JN(KOLKATA)
           0845           1A HA1/A  1150+1

11/19(WEN)※Staying in KOLKATA

                    Jet Lite S2-5715(Jet Airways) Rs.5837
11/20(THU)CCU(KOLKATA) →→→→→BOM(MUMBAI)
           0915                  1220

11/20(THU)※Staying in MUMBAI

               SQ421       SQ636
11/21(FRI)BOM→→→→→SIN→→→→→HND
         1150   36A  T3 1950  36A   0610+1
                   T3 2240

11/22(SAT)HND

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【3】東アジア鉄道の旅−インド南部2014年11月− sey/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる