sey

アクセスカウンタ

zoom RSS 【4】2016年8月・中山道ロケハンの旅 2016.08.08〜11

<<   作成日時 : 2016/08/11 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4日目 鳥居本、摺針峠

画像米原駅
JR2階改札を出て駅舎内1階の近江鉄道へ、線番は一番ホーム








画像近江鉄道車内
電化2両ワンマン、運賃は車内で運転手に支払い








画像近江鉄道・鳥居本駅
ここは彦根市








画像鳥居本駅前
駅前の国道8号を渡ると奥に旧道、
摺針峠は山頂でなくずっと左の麓を超える






画像鳥居本(とりいもと)宿
本陣跡(寺村家)、手前に脇本陣跡もある








画像鳥居本宿
いくつか町屋が残る








画像鳥居本宿
胃腸薬本舗(有川家)、今も営業している老舗、明治天皇もここで休憩








画像摺針(すりはり)峠へ
リサイクル処分場の横を入る








画像摺針峠へ
うっそうとしている、ここにもアカガエルが生息








画像摺針峠へ
車道にでると今度は写真中央の階段道を行く








画像摺針峠
階段を登りきると望湖堂跡、建物は民家として使われている








画像摺針峠の眺望
琵琶湖は埋立てにより後退したがそれでも絶景、左の白い塔はフジテック工場の展望台
私は米原駅に戻り、大垣から快速で豊橋、列車を乗り継ぎ熱海・東京方面へ







【まとめ】

 友人との中山道(下諏訪〜草津)完歩に向けたイメージづくりが目的のロケハン旅。なにやら今回は中山道・下諏訪以西の「いいとこ取りコース」のようでもある。第一印象は舗装道路が多いものの車道を巻く形で比較的、山道・石畳道が良く残っているというもの。里地里山の風景も美しい。

 旧東海道の一里塚は道路拡幅により跡地標示のみとなった所が多いが、今回中山道の大井〜大湫〜細久手では、両側現存の一里塚が続いて驚き。良好な江戸遺跡が残り、現地でゆっくりとした時間の流れを感じた。そして日本の原風景のような静かで落ち着いた街道や宿場には郷愁。シニアとなった自分の、幼少期の思い出に似ているのかも。
 もちろん住民からみれば開発に取り残され、超高齢化で限界集落の課題。私は今回現地でコミュニティバスを2回利用した。本数は原則として朝夕のみ、住民の通院・買物等の足として必要不可欠な存在。
 一方で奈良井宿、妻籠宿、福島宿は宿泊ができる観光地としてそれなりの集客。地方創生の大きな目玉は観光客誘致。中山道の良好な自然・文化環境をアピールしたナショナル・トレイルの取り組みがもっとあって良いと私は思った。その条件として飲食物販施設の整備、大都市圏から高速バス運行がポイント。

 現地にコンビニなどほとんどなく、国道19号沿いに道の駅がいくつかあるくらい。首都圏からは木曽路へのアクセスはとても不便で、昼行バスでは奈良井・木曽福島行き、中央道馬籠・中津川行き。夜行は中津川・恵那行きが使えるのみ。このため日帰りは無理で、最低でも1泊2日の街道ウォークとなる。
 木曽路ウォークでは食料・水携行が不可欠。そしてクレジットカード不可、現金のみの商店や旅館。ある意味で江戸町民のウォークに近く、街道歩きの原点を体験。まさに自分の足だけが頼り。
 残念ながら旧東海道歩きのように、毎回銭湯入浴後にビール乾杯のパターンは無理。旅館・民宿宿泊か、バス、タクシーで最寄り駅に出てホテルに宿泊、翌朝現地に戻ってウォーク再開しかない。

 このため、下諏訪、塩尻、奈良井、妻籠・馬籠、中津川、大井(恵那)、細久手(一軒宿・大黒屋旅館)など宿泊施設がある場所をうまく組み合わせるのが山深い木曽路から平野の美濃路へ抜けるためのポイントのよう。そして岐阜駅付近までたどり着くと夜行バスが使えて、かなり効率的となる。また、冬場の鳥居峠越え(標高1197m、奈良井〜藪原、徒歩3時間)は積雪のため危険。

【木曽路、美濃路の自然・文化】
 今回どこでも山道、田んぼでアカガエル、オニヤンマ、イトトンボを良く見かけた。良好な自然環境の証拠。幸いヘビには遭遇しなかった。街道の落ち着いた集落は山間美そのもの。この2つを併せて自然・文化が豊かなナショナル・トレイルの取り組みとして、もっとPRできるのではと思った。なお、高原のせいもあり夏でも樹木に覆われた尾根道は涼しい。

【中央本線沿線の銭湯】
塩尻市・・1軒(塩尻駅・桑の湯/月曜定休)
美濃加茂市・・1軒(美濃太田駅・音羽湯/日曜・第三木曜定休) 
※中央本線(西線)の塩尻駅〜多治見駅の間は銭湯無し
※上諏訪駅・・片倉館千人風呂(徒歩6分、第2・第4火曜定休、10時〜21時、650円)
※名古屋駅・・金時湯、炭の湯ほか
※恵那・明智鉄道・花白温泉駅・・花白温泉(駅前、月曜定休、11時〜21時、540円)※恵那から夜行バス利用可

【国道19号の道の駅】※コンビニの替わり、レストランあり
木曽ならかわ(木曽平沢駅)
奈良井木曽の大橋(奈良井駅/飲食物販なし)
木曽川源流の里きそむら(藪原駅)
日義木曽駒高原・ささりんどう館(原野駅)
木曽福島・木曽市場(木曽福島駅)
大桑(大桑駅)
※中津川駅付近では飲食物販施設あり、その先の大井(恵那)〜御嶽は水・食料持参となる
※中央本線と国道19号はほぼ並行して走る


【参考】日本四大関所

画像東海道・箱根関所(復元)
2014年9月撮影








画像東海道・新居関所(遺構)
2015年5月撮影








画像中山道・碓氷関所
2016年8月撮影
番所跡に東門を復元







画像中山道・福島関所
2016年8月撮影
奥の隣接地に資料館







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【4】2016年8月・中山道ロケハンの旅 2016.08.08〜11 sey/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる