sey

アクセスカウンタ

zoom RSS 現代仏教概説

<<   作成日時 : 2018/03/16 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 sey/ホームページで公開中のコンテンツに、「時空論」を増補しました。

【はじめに】
 現代の民主主義、人間主義の視点から仏教を概観します。要点をまとめた概説です。仏教は生命的因果を基本として生命論を展開していると解釈する立場です。最後に、時間は前後関係なので、仏教の基本概念は時間にあると説明しています
 どんなに優れた教義でも、常にその内容を問い直し、含意を踏まえつつ現代に相応しい解釈をしないと民衆の理解が得られず、実践されることもありません。仏教は人のために説かれたもの。
 釈迦は「如我等無異」(我が如く等しくして異なること無からしめん)と語っています。これが釈迦の行動原理であり、仏教の平等主義です。「法自ら弘まらず人・法を弘むる故に人法ともに尊し」と語ったのは日蓮です。日蓮は自らを「漁師の子」と語っています。まさに凡夫の姿です。敢えて誤解を避けずに言えば、今の私たちと全く同じです。

【アドレス
http://www7a.biglobe.ne.jp/~sey/butsukyougaisetsu.html


【内容】
1 究極の実在
2 仏教とは何か
3 仏教史
4 法華経の論理構成
5 日蓮仏法
6 熱原の法難の背景
7 日蓮の手紙類
8 民衆仏法の成立
9 法滅亡の構図
10 日本仏教界の汚点
11 創価学会の宗教改革
12 宗教の判断基準
13 仏教の基礎理論
14 戸田城聖の獄中の悟達
15 生命論の視点
16 生命的因果と永遠性の理解 2018.3.16増補(時空論)
17 永遠性の意味 2018.3.16増補(時空論)
18 未来へ

【参考資料】
創価学会版「新編 日蓮大聖人御書全集」
創価学会教学部編「日蓮大聖人御書辞典」
創価学会教学部編「妙法蓮華経 並 開結」
池田大作「法華経の智慧」―二十一世紀の宗教を語る―
池田大作「新・人間革命」
トインビー・池田対談「二十一世紀への対話」 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
現代仏教概説 sey/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる