東アジア鉄道旅行-2010年韓国-(4)

(4日目)
①鎮海市(桜の名所)②KTX-Ⅱ乗車③ショッピング

 月曜日は休館の施設が多いので、本日はのんびりと韓国鉄道の旅を計画。KTXと在来線セマウル号を乗り継いで韓国南部の鎮海(チネ)市へ。鎮海市は韓国一の桜の名所である。

 鎮海線はもともとは独立した路線だったが、現在は京釜・慶全線に編入され、区間内の運行はなく、全て大邱(テグ)~鎮海(チネ)の間にセマウル号が1日4往復運行されているだけ。このため、鎮海行きの列車に乗るためには、早朝5:30にソウル駅発のKTXに乗車、密陽(ミルヤン)駅で乗り換え、後からくるセマウル号に乗り継ぎ、鎮海駅へ。韓国南部のこのあたりまで来ると白梅、紅梅の季節。畑にも緑が目立ち、耕作が始まっている。
 昌原駅から鎮海線に入るが単線でぐっとスピードが落ちる。昌原駅でほとんどのビジネス客は下車。海に向かう沿線は工場地帯、停車駅は2つだけで、あとは客扱なしの通過駅。長いトンネルを抜けると鎮海市、海が近い。終点の鎮海のひとつ手前の通過駅は、桜の駅で有名。両側の桜並木が見事で、よくドラマのロケに使われる。開花はまだ。

画像【写真】鎮海の桜の名所(駅北側)
余佐川の両側に延々と桜並木が山に向かって続く。ここもドラマのロケ地。
残念ながら桜はまだつぼみ。











画像【写真】鎮海の市街地(駅南側)
奥はロータリー、その先は海。
街路、山が桜一色になるのは見事と言う。












 暖冬を期待して桜の開花を期待していたが、鎮海ではまだつぼみの状態。鎭海は昨年より3日遅い3月26日に開花予想で、4日ほど早かった。鎭海には韓国海軍の軍港があり、市をあげての軍港祭(桜祭り)も今年は4月1日から。
 韓国の一重桜の王桜(学名:Prunus yedoensis)は、日本のソメイヨシノ(学名:Prunus × yedoensis)とよく似ているが、遺伝子的には別種で韓国の王桜は済州島原産という。ちなみに学名の×は自然交配種を言うそうだ。韓国の桜の違いをじっくり観察して見たかったが残念。桜の都合はどうにもならないし、軍港祭期間中は内外100万人の人出で、鉄道チケットの予約もままならない。

画像画像














【写真】駅構内の一角の桜
一重桜だが残念ながらヤマザクラ。韓国の王桜はまだつぼみ。



 1時間散策でセマウル号で密陽駅に戻る。京釜線上りで再びKTX-Ⅱ乗車をと考えたが、当日予約で満席。目的地はソウル駅の先の車両基地の幸信(フェンシン)駅なので、一つ前のKTXに乗車しソウル駅へ。このため20分程の距離のソウル~幸信のKTX-Ⅱ乗車に変更。これなら予約は可。
 はじめは日本の新幹線の博多南線をイメージし、高速運転で20分はかなり遠いと想像。しかしソウル駅一番西側ホームから時間で出発したKTX-Ⅱは在来線(標準軌)の京義線の路線を走行。車両重量が重いため、全区間徐行運転となった。乗客も1車両に5人ほど。
 
画像【写真】幸信の車両基地
KTX-Ⅱが3編成ほど車庫に停車していた。
隣接して地下鉄・近郊線の幸信駅(手前側)。












 地下鉄・近郊線でソウル既に戻り、駅横のロッテマートでショッピングへ。私の1番苦手なこと。歩いていると周囲からアァとざわめき。雪が舞っている。気温は高いのでみぞれ雪。
 店内に1時間ほどいたが買いたいものが見つからない。2階の衣類、電気機器、スポーツ用品などは日本のスーパーと同じ。1階の食料品を探し回るが、ティーバックか韓国のりか決めかねる。結局、韓国茶ティーバックと翌朝用にフランスパン1個を購入。
 韓国最後の夜できちんとした夕食をと思い、ソウル駅3Fの飲食店へ。ここには韓式、日式、洋式の3店舗。洋式レストランでハンバーグセット、グラスワインを注文。フルサービスで席は窓側。それでも日本円で2000円程。

 食事をしながら眺めていると、駅前道路や南山タワーへ向かう道路には雪が降り続く。みぞれ混じりの春のなごり雪で、降っても積もらない。気候の関係で韓国ではあまり雪は積もらない。そのせいか韓国人は雪に特別な感情があるよう。 恋人に初雪の日に再会、告白。また、雪が降るたびにプレゼントを用意とも聞く。 それは、雪が降ると願いが叶うと特別な思いを抱くせいかも知れない。確かに韓国人は詩が好きだ。
 温かい気持ちや、切ない思いを包み込ように雪が静かに街を白く染めていく。降っても積もらない春の雪は、人の思いは積もっていくことがないことを知らせ、どこかはかなさを感じさせるようだ。


(5日目)

 ホテルをチェックアウト、フロントには日本語が達者な中年男性。便利で、快適なホテルだった。地下鉄1号線と5号線を乗り継ぎ金浦空港へ。T-moneyの残高はほぽゼロ。エアー、ホテル代は事前にネットで支払済みだが、両替をしてみると現地での食事代、交通費、入場料などで経費は15000円弱。多いか少ないかは別にして、美食、ショッピングに縁のない私にはこれで充分。昼前に羽田空港に到着。行きも帰りもリュック1つの旅。電車を乗り継いで午後1時過ぎに無事帰宅。日本では首都圏でも桜の開花宣言。


【KTX第2次開業】
 韓国高速鉄道KTXは東大邱(トンデグ)~釜山間では既存路線を走行。現在、第2次開業区間として東大邱から慶洲(キョンジュ)郊外を経由して釜山へ向かう専用路線を建設中で、ハイスピード化を目指して2010年12月に一部区間の開業を予定している。

【韓国鉄道時刻表ダウンロード】
韓国鉄道公社公式サイト(ハングル版)からダウンロードできる。
http://www.korail.com/
トップページ上部の列車アイコン기차역(列車駅)をクリック。ここのページにある路線図の下の、시간/운임표(時刻/運賃表)のダウンロードアイコンをクリックし、エクセルファイルを保存
ファイルは、
KTX
일반열차
전체
とKTX、在来列車、全部の3つあるが、最後の全部をダウンロードすればよい。なお、データは毎月更新ではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック