介護記録101113

画像10/25 Y叔母の口座払い出し、寄贈
 故Y叔母は生前、生保受給。そのため葬祭費、家財処分費は地元の福祉事務所が負担。残った通帳の残高は最終的に515,840円。これを私が代表相続人として払出し。10/29に役所の担当者Sさんを訪問。葬祭費、家財整理費、病院オムツ・リネン代を保護費充当、残額の313,799円を寄贈することになった。これで一切の手続き終了。故人もこうした形を望んでいたと思う。実姉のMおばに書類を添えで報告。

10/29 実家訪問、買物同行
 金曜日の夜に訪問、デイサービス、ヘルパーとも特に変わった様子はない。簡単にコメント記入。ゆうちょ銀行から定期預金満期のハガキ、年0.2%利率で、資産運用が必要な年齢でもないので、そのままにしておく置くことにする。1週間分の食料品の購入へ同行。今回、量が少ないと聞いたら、まだあると返事。前回は日曜日に買物同行だった。明日、主治医に定期受診と言う、台風接近で雨が激しかったら、止めるよう伝える。

10/30 父から留守電2回
 留守の間に2回、電話をくれとの留守電。1回は午前中で雨のため車で通院同行の要請か、既に診察時間は終了。そう思って用事で出かけたら夕方また電話、何回も電話するが耳が遠く聞こえないのか、寝ているのか、出ない。夫婦で何度も電話してようやく出たら1ドルはいくらかと聞く。1ドルは80円と分かっているが、アメリカでは1ドルはいくらいくらかと聞く。1ドルは1ドルと答えるが、通じない。州によってセールスタックスが20%近いところもあるので、税込みで1ドルは100円と説明すると、わかったと返事。雨の中受診して、また転倒負傷したかと心配したが、なんのことはない。

11/3 実家訪問、おかずのおすそ分け
 昼過ぎに訪問、おかずのおすそ分け。父はベッドで休んでいる。少し話しをして枕元におかずを置いて、私たち夫婦は孫訪問へ。

11/5 実家訪問、買物同行
 夜に訪問、デイサービス、ヘルパーとも特に変わった様子はない。簡単にコメント記載。1週間分の食料品の買物同行。父は相変わらず、1ドルは80円がアメリカではどうなると気にしている。アメリカは輸入品がたくさん買えなくて困ると説明したが、途中から面倒で1ドルは税金込みで100円に相当と伝えた。話しがしたかったのが本音のよう。

11/12 実家訪問、買物同行
 夜8時過ぎと遅い訪問。父はベッド入ったところと言うが、買物には行くという。年末年始は旅館宿泊、翌日母(妻)の墓参と伝える。おせち料理は、我が家で用意するつもり。デイサービス、ヘルパーとも特に変わった様子はない。デイサービスで朝はやや血圧が高めのよう。高血圧剤は服用とコメント記入。高齢で血管がもろくなっているので高めなのは致し方ない。父から銀行口座記帳のため通帳預かる。年末年始の所要額の引出しも頼まれる、こちらはカードで可。私は生活費の引出のさい、いつも残高明細を父に渡しているが、父は通帳で出入りを見たいようで、面倒。

11/13 実家訪問、おかずのおすそ分け
 夕方訪問、父はテレビを見ている。孫訪問の途中に立ち寄り、おかずのおすそ分け。  
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック