2016年7月・寺泊と佐渡の旅-日蓮の足跡【1】

【日程】
2016.07.12~14

【訪問地】
①長岡市寺泊
②佐渡(松ヶ崎、塚原、一の谷、赤泊・真浦)

【スケジュール】
【1日目】バスタ新宿2310-(夜行バス)-0426+1柏崎駅0534-(JR越後線)-0629寺泊駅・・・(徒歩)・・・寺泊港0920- (高速船)-1025赤泊港【泊】

【2日目】赤泊埠頭前0753-(バス)-0908長木・・・(妙照寺)・・・河原田本町1037-(バス)-1116トキの森公園1225-(バス)-1236根本寺前1340-(バス)-1345畑野十字路1356-(バス)-1438本行寺前1520-(バス)-1527多田1544-(バス)-1600赤泊埠頭前【泊】

【3日目】赤泊港0635-(高速船)-0740寺泊港・佐渡汽船0756-(バス)-0810寺泊駅0819-(JR越後線)-0834吉田0856-(JR弥彦線)-0910燕三条0932-(上越新幹線)-1128東京

 往路は夜行バス、帰路JRは柏崎~吉田~燕三条~横浜市内の乗車券。燕三条から上越新幹線とき利用。大人の休日倶楽部ジパング会員で運賃・料金3割引。また、高速船は3か月前から予約制、往復割引適用。直前にクレジット払いで座席指定も可。 


画像JR新宿駅新南口改札(2F)
右手にエスカレーター、4Fにバスタ新宿、夜行バスで柏崎駅へ








画像柏崎駅
夜行バスで早朝到着、左に駅裏へ出る長い地下道、すぐの国道8号信号付近に24時間営業ガスト柏崎店、朝食後にJR越後線で寺泊駅へ
なお日蓮が赦免により佐渡から乗った船は嵐のため寺泊でなく西に流され、ここ柏崎・番神岬に到着





画像寺泊駅
ここは長岡市寺泊、寺泊港方面の始発バスは8時台、このため徒歩で1時間10分のウォーク、平成の大合併で長岡市は日本海に接する市となった、旧・寺泊町は西廻り航路港町・北国街道宿場町、かつての大字を生かし寺泊〇〇町と全てに寺泊を冠した





画像寺泊
新道と別れ市街地の旧道へ、すぐに港方面に向かう階段道








画像寺泊港
高台から望む、かすんでいるが北西に佐渡を望む
なお江戸時代中期からは住民の負担軽減のため寺泊(新潟)→赤泊(佐渡)が佐渡奉行の着任地、小木(佐渡)→出雲崎(新潟)が離任地だった






画像寺泊・日蓮獅子吼像
日蓮はここ寺泊から船で配流地の佐渡に渡った、法難を覚悟して不屈の闘いに挑む日蓮の決意が感じられるよう







画像寺泊・日蓮獅子吼像
場所は街角、赤い郵便ポスト隣の電柱に政党ポスター、政治活動は構わないが公共施設にポスター掲示
参議院選挙が終わったばかり、寺泊駅→寺泊港の沿道で同じように公共の電柱に勝手に針金で巻きつけたこの政党の看板をいくつか見かけた、主義主張のためなら何をやってもよい訳ではない、他党は民家・民地に看板設置、法令遵守以前に人間性のなさ、この政党に未来はないと思った


画像寺泊・大町バス停付近
左に観光案内所、この奥が魚の市場通り、寺泊は鮮魚の買物バスツアーで有名、観光誘致は街おこしのひとつ







画像佐渡汽船チケット(往復)
寺泊港で乗船券の受け取り、ネットで座席も指定できる、往復割引4630円は帰り券での減額、夏休み前の平日のため乗客は往復ともまばらだった






画像佐渡汽船寺泊港
左はターミナル、30分前に乗船手続き、乗船は10分前、季節運航、船名「あいびす」はトキの英語名







画像佐渡汽船バス停
2往復の高速船運行に合わせて4本のバスが汽船ターミナル前に乗り入れて接続、バス道路には寺泊港入口バス停がある







画像高速船船内から
佐渡島東部の風景、佐渡は南に小佐渡山地、中央に国仲平野、北に大佐渡山地がある、海洋性気候で峠にはガスがかかりやすい、高速船は所要65分、ジェットフォイル方式ではない、速度もその1/2程度






画像赤泊港
江戸時代に北前船(日本海~下関~大阪/西廻り航路)の玄関口として栄えた、今は過疎で島内に9店舗ある地元資本のコンビニ・セーブオンすらない、静かて落ち着いた街
旅館に荷物を置いて街歩き





画像海岸通り
これは埋め立てによる新道、奥が浦津・多田(おおた)・松ヶ崎方面、左の一本内側に旧道







画像旧道
静かで町屋が続く、旅館もこの旧道にある








画像赤泊郷土資料館
200円、赤泊港エリアの一角、赤泊総合文化会館の中
赤泊の各地区の祭り・行事を紹介







画像赤泊郷土資料館
こちらの一角は郷土史の紹介








画像赤泊観光センター
赤泊港エリアの一角、2階にレストランで昼食に便利、水曜定休、宿泊も可だが電話予約のみ、赤泊では飲食店が水曜定休で昼食に苦労、赤泊にコンビニはない、スーパーだと徒歩10分程のJAエーコープ佐渡赤泊店で食料品・日用品調達、慣れると現地には現地のやり方、時間がゆったりと流れるのが良い




画像赤泊・真浦
真浦バス停付近、かつて公港のひとつ、日蓮離岸地、赦免により日蓮はここから佐渡を離れ新潟・柏崎/寺泊そして鎌倉へ







画像赤泊・真浦
日蓮離岸地の碑
反対側に日蓮堂・日蓮洞窟入口







画像赤泊真浦・日蓮堂
地元縁故者が発起人で募金活動により再整備、この先に日蓮がたどってきた峠道(真野方面)は崩落のため通行禁止







画像赤泊真浦・日蓮洞窟
離岸前に日蓮は一晩ここで過ごした、弟子の日興が常随給仕、こちらは整備のため寄付募集中







画像宿泊施設・大井屋旅館【2泊】
電話予約のみ、一泊2食付シングルユース8640円(税込)、前日に確認の電話、四世代家族が暮らし明るい女将さんが切り盛り、宿泊者のもう1人は仕事関係男性、夏休みは満室になるとか、夕食料理にびっくり、さざえ焼き、ズワイガニ1匹(2日目はアワビ2個)まで出た、今回他の旅館では朝食のみと断られた






2016年7月・寺泊と佐渡の旅-日蓮の足跡【2】へ
https://sey.at.webry.info/201901/article_5.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック