2016年7月・寺泊と佐渡の旅-日蓮の足跡【2】

画像1dayフリーパス
赤泊埠頭前バス停から路線バスで島内巡りへ、ネットに全停留所時刻表もあって便利、佐渡島内路線バス1日フリーパス、1500円、佐渡汽船ターミナルでは販売していないが乗車したバス車内で運転手から簡単に購入できる、スクラッチ方式





画像妙照寺入口
本線・長木バス停から国道350号をここで左折(手前)、北へ徒歩15分で妙照寺、流罪配所を塚原から不便な一の谷(いちのさわ)に変えたのは日蓮に帰依する島民が続出して幕府が隔離策






画像妙照寺
一の谷(いちのさわ)草庵跡
観心本尊抄を著す、これより弟子信徒に御本尊を授与







画像河原田本町バス停
路線バス本線と南線の合流点、バス便の都合で長木バス停から西へ3停留所、徒歩25分でここへ、佐和田地区の中心地だがシャツター商店街






画像佐渡トキの森公園
通過時刻表は2方向、南線・路線バスは青木~行谷バス停の間で行って来いルートで公園へ、トキの森公園は佐渡一番の観光地







画像佐渡トキの森公園
資料展示館
400円、本日も団体客、遠足・修学旅行客が目立つ







画像佐渡トキの森公園
観察回廊
左に繁殖ケージを望む







画像佐渡トキの森公園
ふれあいプラザ








画像佐渡トキの森公園
観察窓
トキが警戒しないよう建物内部側は暗くしてある
放鳥トキも人家のそばに住む、 トキはもともと里地里山に生息、飛ぶ姿が朱鷺色で美しいとか、個人的には渡り鳥のハクチョウほど優雅な姿ではないと感じた・・・




画像根本寺前バス停
ここは国仲平野・新穂地区大野、左と右(南と北)に山地を望む








画像根本寺(こんぽんじ)
300円、日蓮最初の配流地、塚原三昧堂跡、塚原問答、開目抄を表す







画像根本寺周辺
寺院周辺だけが林で周囲はのどかな水田が広がる、鎌倉時代に塚原は死人を遺棄する場所だった、それらしい奥まったイメージを探したのがこの場所、寺院のそばの沼






画像畑野十字路バス停
ここで乗換、多田・松ヶ崎方面へ、交差点の中にバス待合所・バス停、このためバスはハザードランプをつけて停車、この岩首線バスは南行すると途中の小倉峠を過ぎて左に棚田・千枚田を望む






画像松ヶ崎
日蓮着岸地、松ヶ崎はかつて公港のひとつ








画像松ヶ崎
旧道、バスはここを通る








画像松ヶ崎・本行寺
本行寺前バス停、日蓮着岸地にある寺院、ここから西へ400mで「おけやき」







画像松ヶ崎・おけやき(欅の木)入口
日蓮の着岸地、松ヶ崎東バス停付近








画像松ヶ崎・おけやき
日蓮は着岸して古木の欅の根元の空洞で3日間過ごした、近所の老婆が朝晩に粥を届けた、欅は二代目
日蓮は松ヶ崎・多田から北へ小倉峠を越えで国仲平野にある配流地・塚原へ





画像多田(おおた)バス停
右奥(北)が国仲平野方面、昔は逢田、大田とも呼ばれた、ここで乗り変えて私は赤泊埠頭前への最終バス(1日2往復)に乗車、前浜線は海岸ルートだが途中峠越えもあり徒歩ではきつい、佐渡で車は必需品
なお多田は佐渡稲作発祥の地






2016年7月・寺泊と佐渡の旅-日蓮の足跡【3】へ
https://sey.at.webry.info/201607/article_3.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック