おがまるパックは簡単に電話予約できます

 2020年1月7日に、電話予約をしました。一発で簡単に予約が取れました。期間は2月24日(月・祝)~2月29日(土)の6日間です。今回私は母島滞在のみを考えていました。つまり前後2日間ずつが二等寝台の船旅。このため、全くのフリー日は2日のみとなります。その一日を母島太平洋戦跡ツアーに参加する予定です。なお今回「お一人様」旅です。
【電話のコツ】
①応当日での申込みとなります。本来12/24(火)が受付初日でしたが私たち夫婦の外出都合で電話問合せができないままに、年末年始を経過しています
某サイトで百回以上も電話したとの記載がありますが信頼できません
②小笠原海運が宿泊施設として提携しているのは母島の民宿2軒です。室内にバストイレが有る無しの違いですが、有りを選択して97000円の見積もり完了です
③氏名はカタカナでよい
④住所は〒を聞かれて、担当者(男性)が受付画面に入力する方式で、私が電話で伝える方式です
⑤自宅電話番号と併せて携帯番号も聞かれます
⑥究極の電話対策で「電話がただいま大変込み合っています、順番にお繋ぎしますのでそのままお待ちください」(女性声)のメッセージが30分程流れた後に、「音楽だけのメッセージ」が10分流れるとしばらくして私の場合「小笠原海運です」と男性職員の応答がありました・・・これを我慢するのがコツです
⑦後は自宅に振込方法の案内が入った郵便物が届きます。カード支払いは小笠原海運本社まで行く必要があります

 なお、随時このブログを更新していきます。ご期待ください。

【2日後の1月9日に届いた予約確認書原本】私の住所氏名を特定できる事項は全て削除してあります

〒000-0000
        様

小笠原海運株式会社
OgasawaraKaiun Co., Ltd.
■ 本社
〒108-0023
東京都港区芝浦 3-7-9 サニープレイス田町8階
TEL 03-3-451-5 171 I FAX 03-3451-4522

●父島営業所
〒100-2101
東京都小笠原村父島字束町
TEL 04998-2-2111


この度はご予約をいただき誠にありがとうございます。
下記の内容をご確認のうえ1 月31日 頃までにお振込願います。
なお、恐れ入りますが振込手数料はお客様がご負担下さい。
搭乗券引換書はお振込を確認次第 、宅配便にてお送り致します。
各種割引をご利用のお客様はその証明書(          )の
コピーをお振込みされる前に郵送またはFAXにて取前にご提出ください。
※事前に確認できない場合、割引が適用できませんのでご注意ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
●お振込先
みずほ銀行 芝支店(0 5 4) 普通預金
口座番号:1007911
口座名 :小笠原海運株式会社
・・・・・・・・・ ・・・・・・・・

予約確認書
(ご請求金額内訳書)

受付日 2020年01 月07日 氏名 私の名前 様 担当 長谷川
予約番号 9232000256 TEL(私の家電及び携帯番号)
備考 OGP
合計金額(送金額) ¥97,000
一基本参加費(宿泊情報)一
宿泊日: 2020/ 02/ 25 より 1 宿泊数: 3泊
宿名 母島 アイランドリゾート ナンプ―新館( 2名洋室 )
(TEL: (04998)-3-2162)
部屋数1 部屋
おとな 小学生 学生 計
¥97,000 1名 ¥97,000 ¥97,000
申込数 おとな 1 名 小学生 学生 乳幼児 合計 1 名 小計 ¥97,000
ー父島観光オプション参加費ー
おとな こども 計
プラン①
ブラン②
小計 ¥0
ー船席情報一
乗船日: 02/24 出発時刻: 11:0 0 発 船名:おがさわら丸 東京→父島
2等寝台 / エコノミーべッド 1 大人 1
乗船日: 02/28 出発時刻: 1 5:0 0 発 船名:おがさわら丸 父島→東京
2等寝台 / エコノミーべッド 1 大人 1

Page 1 of 1


【注】1月10日(金)に拙宅から目と鼻の「地銀BK」からバスで最寄り駅まで出なければならない「みずほBK」と比較。
他行となるので97,000円+880円の振り込み手数料を払って、「地銀BK」から小笠原海運(株)に振込済み。

 次回からは船旅、母島の様子を写真でアップする予定です。

【注】
体調不良のため母島一人旅をキャンセルしました。機会があれば次回は夫婦二人で東京都小笠原村を訪問する予定です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント