介護記録110713

画像7/7 家事援助、Kさん訪問
 早朝に父から起床の電話、私は朝が早いので支障はない。午前7時前に訪問。父はさっぱりとした顔。昨日床屋に行ったと。住宅内のお店だが父の足で20分ほどかかったはず。同じく住宅内のスーパーで自分の好きなおかずと菓子の購入も。期待した効果がでできた。夕食弁当の容器も水洗いしていつもの位置に。
 朝食はごはん、シシャモ、温野菜、つくだ煮、味噌汁は昨日午後の残り。紙おむつ交換の促し。父は昨日から自分のラジカセが動くかどうか確認している、それはそれでよいこと。私は外出用事、買い物。
 昼前に地域役員のKさん訪問、父に家庭復帰おめでとうの言葉。昼食はえび天ぷらうどん、手つくりポテトサラダ、バナナ、ゆでた枝豆。私は別メニューでパン1個。午後2時前に夕食弁当受け取りで退出。

7/8 家事援助
 早朝より父の起床電話、私から紙おむつ交換の促し。 午前7時に訪問、父は起きてTVを見ている。今日はデイサービスの日だと言う。リュックは私がすでに準備済み。朝食はごはん、ニラ玉、ポテトサラダ、佃煮、バナナ、枝豆。、ニラ玉汁、ニラ玉は一口サイズにカットするのがコツのよう。
 9時半デイサービス送り出しでいったん帰宅、午後1時に夕食弁当受け取りで再度訪問。

7/9 家事援助
 午前6時に父起床の電話。7時前に訪問、朝食はしらすごはん、焼きめざし、ポテトサラダ、つくだ煮、バナナ、枝豆、きのこ味噌汁。私は後片づけ、ごみ出しの後、地域の会合で外出と忙しい。戻って11時半に近医の主治医へ老健施設紹介状を提出して1か月分の受薬、土曜日のため混み合っていて終わったのは2時。薬局では高血圧の薬は処方されていないが良いかとの確認。
 戻って遅い昼食はきのこうどん、カットリンゴ。私はフランスパンの別メニュー。退出しようとすると父はかゆみ止めの保湿クリームがないと言う。父は自分で施設退所時に持ち帰ってベッド横のテーブルに置いてある。私が確認させると、「新しいのか」と言い訳、面倒で疲れる。午後に1回父から分からないから来てくれの留守電、声は元気そう。折り返し電話したが応答なし。私も忙しく対応せず。

7/10 家事援助
 早朝に父より起床との電話。午前7時に訪問、昨日の電話の要件を確認。 はかゆみ止め保湿クリームの中身がないとの訴え。容器を捨てようとするとまだ底の方に1回分ほど残り。冷蔵庫に夕食弁当の残りがあるので聞くと、忘れたとの返事。前日昼食が午後2時で遅かったので、勘違いしたか混乱したか。
 昨日もらった朝昼晩の薬は飲んだかと確認すると、これも忘れたとの返事。テーブルの横にぶら下げてあるのに、完全に指示待ちで、依存的。
 朝食はごはん、魚練り物、スクランブルエッグ、野菜、きのこ汁。本日からごはんは普通食に変更、支障はないよう。
 庭のごみを片づけていると父が「捨てるのか」と不満顔。92歳の父が二度と使うことはない、廃プラスチック、廃材。父に後で自分で片づけてと言い聞かす。明日は孫夫婦と一緒に一泊温泉旅行。父へ食事、服薬のメモを渡して説明。冷蔵庫の食品の買い増し。
 昼食はかき揚げうどん、温野菜、佃煮。本日は日曜日で夕食弁当の配達も12時過ぎと早め、担当は男性Sさん。Oさんと分担しているよう、確かにOさんも週7日は働けない。

7/11 家事援助
 朝に父の電話なし、午前6時半に訪問すると玄関、裏口ともドアを開けてある。私がやらなければ自分でやるよう。朝食はごはん、唐揚げ、焼きめざし、野菜、なめこ汁。おかずは量が多すぎて少し残す。後片づけ、ごみ出しをして私は退出。

7/12 実家へ電話、ケアマネから電話
 夕方実家へ電話、父は「元気だよ」と明るい返事。夕食弁当はこれから温めて食べるという。訪問は不要と判断。父にできることは自分でしてもらい、介護者の私の負担をできるだけ軽くするようにしないと長続きしない。簡単に言うと、事故が起きない程度で、いかに手を抜くかが介護のコツのよう。
 しばらくすると、ケアマネMさんから電話、父の様子の確認。ほぼ順調と説明。週2回午後にヘルパー導入の最終意向確認、Mさんがヘルパー事業所をあたってくれることに。Mさんは7/9午後に父を訪問と聞く、私が退出した後のこと。父は寝ていたが、声かけして水分補給をしてくれたと聞く。またその際、父の頭が痛いとの訴えがあったという。現在服薬している薬が高血圧の処方がないせいか、持病の中耳炎の再発のせいかは不明。

7/13 家事援助
 朝に父からの電話なし。午前7時前に訪問、父は寝ているものの新聞の取り込み、玄関の扉開けはできている。冷蔵庫の確認、1食分のごはんが残り。かなりの量を用意してあったので、ごはんは好きそうでよく食べる。佃煮も完食。賞味期限の過ぎた食品の廃棄。昨日のデイサービスの記録の確認、だいぶ慣れてきたとの記載、血圧も正常。父に着替えさせ洗濯機へ。
 朝食はごはん、持参した手作り餃子(長女が祖父用に用意)、ジャガイモ味噌汁。庭木の手入れは刈込が大変、横になって眺めている父へ手伝うように言ってみるが、腰が痛いと言い起きあがらない。
 食べて寝るだけで、やや不活発症。庭に開いたツナ缶、夕食弁当ガラを発見。父に尋ねると猫にあげたと言う。地域猫にエサをあげる是非はあるが、少なくとも庭はゴミ捨て場ではない。後片づけができないのなら、汚くなるので禁止。
 ごみ出しでだいぶ庭も片付いてきた。自宅に戻りシャワーを浴びてから、リハビリパンツと食料品の購入。昼食はかき揚げうどん、ゆでたまご、温野菜、佃煮。夕食弁当を受け取り、午後2時に退出。

"介護記録110713" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント