2016年2月・西日本の旅-おとなびパスの旅【2】

画像姫路駅
在来特急はまかぜ6両ディーゼル車、一瞬普通列車かと思うフォルム、ここから播但線経由で北近畿の城崎温泉へ







画像播但線の風景(車窓)
全線単線、寺前駅から非電化、沿線はやはり春の芽吹き、オフなので停車しないが途中の竹田駅では真下から竹田城址を望む、サミットの生野駅付近で雪がチラホラ、川の流れも南から北へ替わる






画像城崎温泉駅到着
停車中の特急はまかぜ浜坂行








画像城崎温泉駅前
メイン道路は左に1本外側、写真は「さとの湯」、7つの外湯めぐりが有名、交替で休業するのでどれかしら開いている







画像城崎温泉
お昼時、有名観光地なのでメイン道路は観光客であふれる、にぎわいはあるが情緒には欠けると私は思った、突き当り左が温泉街







画像城崎温泉
道路はともに交互通行、散策にはやや難、この先で道路は合流








画像城崎温泉
奥がロープウェイ方面、道路中央に融雪装置で歩きやすい、海岸に近いのでみぞれまじり、傘をさすほどではない







画像城崎温泉
「御所の湯」券売機800円で入浴休憩、外見から想像していたのと違い中はごく普通でこぢんまりとした銭湯、内湯と露天風呂、露天の庭には滝






画像
城崎温泉駅出発
こうのとり自由席、4両2ユニット8両編成、今回初めての電車、近畿地方の電車特急は基本色が白、先頭部もすべて同じフォルム、側面に茶色ライン





画像沿線の風景(車窓)
福知山-綾部は複線、山間部の綾部-園部で再び単線、綾部-京都は複線







画像福知山駅
手前が大阪・京都方面、左は新大阪行の「こうのとり」、私はここで右の京都行の「はしだて」に乗り換え、同一ホームでの乗換で便利、「はしだて」4両電車、次の綾部駅で先に到着していた「まいづる」3両と連結して京都へ





画像福知山駅(車窓)
「はしだて」車内から撮影、右は「こうのとり」、2編成を連結すると運転台があるため通り抜けは斜めに行く形







画像はしだて車内
自由席








画像京都駅
はるか6両、電車、山陰本線からの乗換は同一ホームで便利、特急発着を同一ホームでの運用のよう







画像はるか
上部にロゴ








画像はるか車内
奥に荷物スペース、電源はない、座席前面のラック(荷重10kg)撤去、外国人観光客が大きなスーツケースを載せるためかと想像、ごく普通の車両だが空港特急は優等列車と考えるのは関東人、大阪・ 京橋からは快速・関空も頻発





画像関西空港駅
列車の遅れで夕飯はコンビニ弁当








画像日根野駅
くろしお6両、これは新型、電車複線、ようやく到着








画像くろしお車内
やはり座席ラック撤去で不便








画像紀伊田辺駅
20分遅れで到着、紀勢本線はここまで全て電化複線だった、本日は普通を含めて8本の列車に乗車








2016年2月・西日本の旅-おとなびパスの旅【3】へ
https://sey.at.webry.info/201602/article_2.html

"2016年2月・西日本の旅-おとなびパスの旅【2】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント