【2-1】2016年8月・中山道ロケハンの旅 2016.08.08~11


2日目 奈良井、木曽福島、大高取、大妻籠、馬籠

画像塩尻駅
中津川方面上り一番列車








画像奈良井駅
右手に地下道で線路をくぐれば、道の駅・奈良井木曽の大橋がある








画像奈良井宿
長野県塩尻市、重要伝統的建造物群保存地区、旅館・民宿もある、駅舎を出るとすぐに宿場で抜群のロケーション






画像奈良井宿
水場
奈良井には水場がいくつもある、山の湧水は冷たく甘くて美味しい(原則は沸かして飲む)
なお、川の水を導水したものは飲めない




画像奈良井宿
住民車以外は進入禁止だが2~3間道路で双方向だと怖い、早朝なので車が動き出したのかも






画像奈良井宿









画像奈良井宿
本陣跡







画像奈良井宿
L字








画像奈良井宿
鳥居峠へ








画像奈良井宿
鳥居峠へ








画像奈良井宿
鳥居峠へ
車道を横切りさらに旧道






画像奈良井宿
鳥居峠へ
看板手前を右に入る






画像奈良井宿
鳥居峠入口
石畳道、鳥居峠標高1197m、中央分水界、冬は積雪のため山道は危険






画像奈良井宿
木曽の大橋
支柱のない木橋、木曽ヒノキを使用、国道19号には道の駅がある






画像奈良井宿
奈良井駅横の掲示板
和宮降嫁行列は江戸幕府が威信をかけて、人・休泊所を確保、5千人の行列は4組・4日ががりで通過していったと今も話題に





画像奈良井宿
奈良井駅横の掲示板
和宮降嫁行列は江戸幕府が威信をかけて、人・休泊所を確保、5千人の行列は4組・4日ががりで通過していったと今も話題に





画像木曽福島駅
長野県木曽町、木曽地方の中心地、駅から北東に江戸方に戻ると福島宿・福島関跡






画像福島宿
この橋を渡り左に行くと上の段








画像福島宿
上の段(うえのだん/城下町跡)








画像福島宿
右の階段が中山道で福島関へ、奥が江戸方








画像福島宿
福島関
日本四大関所のひとつ、手前が江戸方、石碑は東門跡、奥が西門レプリカ、さらにその奥に資料館、一角は国指定史跡公園





画像福島宿
福島関所資料館
夏期無休、300円、代官屋敷セット券だと50円引きの550円






画像福島宿
福島関所資料館
上番所レプリカ






画像福島宿
福島関所資料館模型
左が江戸方、下番所と上番所がある、狭隘地に関所、そのため役人は弁当持参
女性は供の男性に手形を託して下番所の前で腰掛けて待機、手形を上番所で確認、女性の外見は足軽が来て観察、2時間程かかって「よし」の一言で関所を通過したとの説明書き


画像福島宿
山村家(代官屋敷)
年末年始休み、300円、川向うの高台(南面)にある、資産家で右隣の小学校用地も寄贈





画像福島宿
山村家(代官屋敷)








画像福島宿
山村家(代官屋敷)
建物は一部が残るのみ、築山泉水式の庭が美






画像福島宿
木曽川
太平洋に注ぐ、川面を渡る風が心地よい
昼食はラーメン55、木曜定休、午前11時~、イオンの並び、貴重な中華料理店、なお、手打ちそば本店や上の段には古民家を生かしたグルメ店もある



画像南木曽(なぎそ)駅
長野県南木曽町、右の駅駐車場に中山道ウォーキングコースの矢印板、妻籠へはタクシーのほかバスも利用できる






画像南木曽(なぎそ)駅
線路に沿った道を行く、馬籠までのハイキングコースで標高は南木曽駅408m→妻籠430m→馬籠峠801m→馬籠宿600mであまりきつくない






画像妻籠(つまご)方面へ
駅裏から鉄道トンネル上をたどってきた中山道にここで合流、SL展示広場の二股を直進で妻籠への中山道






画像妻籠方面へ









画像妻籠方面へ









画像妻籠方面へ
上久保一里塚
両側現存、奥が江戸方、しだれ梅とシュロヤシの植栽が今風






画像妻籠方面へ









画像妻籠方面へ
はるかに妻籠を望む、私は直進して東側の道を大高取へ








画像国道256号
手前に大高取バス停、左の橋を渡って大妻籠へ、私は妻籠は何回か訪問







画像大妻籠
馬籠方面へ、茶店で休憩したが観光客は少ないと聞く








画像馬籠(まごめ)方面へ
県道7号を巻く形で中山道が続く、大妻籠~馬籠のウォーキングコースで出合ったのは外国人観光客がほとんど






画像馬籠方面へ









画像馬籠方面へ
峠入口バス停、石畳道を復元








画像馬籠方面へ
大妻籠~馬籠の間でトイレは4か所、水の補給もできる








画像馬籠峠
右が登ってきた中山道、馬籠峠は標高801m、長野と岐阜の県境








画像馬籠峠
奥が京方、バス停がある、旧道山中に峠とイメージしたのと違った








画像馬籠峠
馬籠方面は4本








画像馬籠方面へ
旧道に入る








画像馬籠方面へ









画像馬籠方面へ









画像馬籠方面へ









画像馬籠方面へ
南に恵那山








画像馬籠宿
高札場
岐阜県中津川市、平成の大合併で越県合併






画像馬籠宿









画像馬籠宿
馬籠は孫目とも、中山道は東海道の川渡りを嫌った女性が利用したので姫街道、孫目には子孫繁栄の意味
中山道には上松(あげまつ)、馬籠の縁起の良い地名、逆に東海道は薩埵(去った)峠の忌み言葉、昔の人は変なところを気にし過ぎのよう




画像中津川駅
馬籠バス停から中津川駅行バスに乗車、北恵那交通バス560円、ここ中津川駅から列車は頻発、名古屋方面に2駅の恵那駅へ






画像恵那宿
ここは岐阜県恵那市大井町、手前が中山道の江戸方、L字で大井橋を渡る









【2-2へ】
http://sey.at.webry.info/201608/article_4.html

"【2-1】2016年8月・中山道ロケハンの旅 2016.08.08~11" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント