テーマ:鉄道

【2】2015年冬・青春18きっぷの旅

【3日目】 Sガスト御徒町店 東京・御徒町駅北口すぐ、午前5時からオープンで貴重、スカイラーク系列、Sはスモールのよう、楕円形のカウンター席のみ、ドリンクバーはない、それでも内容はガスト水準 水戸駅 ここから水郡線で袋田駅へ、ディーゼル車3両単線、新型クロスシートで快適、前2両は郡山行 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【1】2015年冬・青春18きっぷの旅

-山梨、千葉、兵庫、茨城、宮城- 【スケジュール】 【1回目】山梨県立美術館(2015.12.15) 横浜648-(湘南新宿ライン)-721④新宿⑫731-(快速)-824高尾846-(中央本線)-1024甲府⑥1040-(バス)-1053山梨県立美術館1204-(バス)-1217甲府1247-(身延線)-1331鰍沢口1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東アジア鉄道の旅-オセアニア2015年4月-

 東アジア鉄道の旅-オセアニア2015年4月-をホームページ形式からブログ形式に変更して再アップしました。 クイーンズタウン 【注】 ファイルは11枚に分割、次ページへのリンクあり。写真を多用しています。 【訪問都市】 オーストラリア・・・シドニー、メルボルン ニュージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年11月・北陸の旅

 「2015年11月・北陸の旅」 をホームページ形式からブログ形式に変更して再アップしました。なお写真を多用しています。 【日程】 2015.11.10~13 【訪問地】 1 福井県敦賀 2 石川県金沢 3 富山県雨晴海岸 4 岐阜県白川郷  5 富山県五箇山 【アドレス】 https://s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年11月・北陸の旅【2】

脇バス停、さらに加越能バスでここから海岸線を南に富山県・氷見駅口へ、390円、社名はかつての加越能鉄道から、加賀・越中・能登の意味 脇バス停、国道160号沿い 脇バス停、気温が上がり奥の立山連峰はかすんでいる 脇バス停、引き続き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年11月・北陸の旅【1】

【日程】 2015.11.10~13 【訪問地】 富山、越中八尾、小浜、敦賀、金沢、和倉温泉、七尾、雨晴海岸、高岡 五箇山・白川郷 【スケジュール】 【1日目】東京720―(かがやき503号)―934富山945―1009越中八尾1055―1119猪谷1151―(>特急ひだ)―1226富山1233―(はくたか)―…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年9月・白神山地の旅

 ホームページに「2015年9月・白神山地の旅」 をアップしました。なお写真を多用しています。 【日程】 2015.09.01~04 【訪問地】白神山地・世界遺産核心地域 1 暗門ANMON(暗門滝、ブナ林散策道) 2 白神岳山頂※シニアのためJR白神岳登山口駅-山頂の往復に約10時間を要した 【アドレス】 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年9月・白神山地の旅【3】

白神岳のキノコ 前日雨で本日晴れのため山道にはキノコがいたるところに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年9月・白神山地の旅【2】

―公式サイトから画像借用― 所用時間は矢印が←〇〇→となっているのに注意、登りは計算上で所要4時間45分、駅から登山口広場までは舗装されているがその先は勾配のきつい悪路でロープ場もかなりある、ガイドブックでは往復7~8時間とするが実際は10時間を見込んだ方が安全、通常の整備された登山道では下りの時間は登りの半分もあり得るが、山が深い白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年9月・白神山地の旅【1】

【日程】 2015.09.01~04 【訪問地】 世界遺産核心地域・白神山地 ①暗門の滝とブナ林散策 ②白神岳登山 ―公式サイトから画像借用― 【スケジュール】 【1日目】横浜2120―(夜行バス)―弘前0800 【2日目】弘前0915―(バス)―1045アクアグリーンビレッジANMON1420―(バス)―15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年・東北太平洋沿岸部の旅-福島への道Ⅱ-

 ホームページに「2015年・東北太平洋沿岸部の旅-福島への道Ⅱ-」をアップしました。写真を多用しています。また、原発の司法判断をフォローしています。 【日程】2015年6月30日~7月3日 【1日目】東京―(北陸新幹線)―上越妙高―(えちごトキめき鉄道)―直江津―(特急)―長岡―(上越新幹線)―上野―(特急)―泉【泊】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【3】東アジア鉄道の旅-オセアニア2015年4月-

3-1 旅のまとめ(2015.04.23)  街は美しいが物価が高い、これが一番の印象。商品・サービスに対する税金GST(消費税)もあるが、先進国の高賃金・高福祉が理由。訪問都市の中ではクイーンズタウンの絵のような美しさが印象に残った。  レストランでの食事はどんなに節約しても日本円で千円以上する。ファーストフードは最低3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-9】東アジア鉄道の旅-オセアニア2015年4月-

オークランド  ウェリントン空港へは20分程、9NZ$(900円)。オークランド行B737-300は3+3席の小型機。なにやら大型バスに乗車のイメージ、自走でカーブして空港ビルを離れ滑走路へ。  やはり1時間程で到着したオークランドはニュージーランド最大都市、経済・商業の中心地。慌ただしく国内線TからAirbus Expres…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-8】東アジア鉄道の旅-オセアニア2015年4月-

9日目(ウェリントン散策、オークランドへ、市内散策) ウェリントン  午前7時に部屋の物音で目が覚めた。この部屋はシングルルームだがトイレ・シャワーを挟んでコネクトルームの構造。隣室の方がシャワーのよう。互いの通り抜けにカチッとドアを閉めると終わりの合図。すでにあたりは明るく、ドアの音で助けられた形。廊下に出ると隣室ドア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-7】東アジア鉄道の旅-オセアニア2015年4月-

8日目(列車でウェリントンへ)  午前5時過ぎにホテルをチェックアウト、まだ暗い中を徒歩でクライストチャーチ駅へ。ゆっくり歩いて45分で無事到着。  列車は午前7時発だがチェックインは20分前まで。しかし窓口オープンは6時30分からと、のんびりとしたもの。東アジア鉄道旅行では私はたいてい1時間前に、ホームや待合室で待機していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-6】東アジア鉄道の旅-オセアニア2015年4月-

7日目(クライストチャーチへ、市内散策)  一人旅の緊張で早朝に目が覚めた。目覚時計をセットはするが、いつも鳴る前に起きる。午前6時過ぎにチェックアウト、始発のコネクタバス#11で再びクイーンズタウン空港へ。人口が少ないので道路の渋滞とは無縁。  ここから国内線で南島最大都市のクライストチャーチを目指す。面白いのは荷物検査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-5】東アジア鉄道の旅-オセアニア2015年4月-

6日目(クイーンズタウンへ、市内散策)  ホテルをチェックアウト、再びエアポートリンク(空港列車)でシドニー空港へと思ったら、窓口で4AU$(400円)のチケットを渡され本日は日曜でエアポートリンクは運行していない、駅構内を出たところで空港バスに乗るように案内、矢印看板も出ていた。  バスは渋滞もあって30分程かかった。平日も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-3】東アジア鉄道の旅-オセアニア2015年4月-

3日目(列車でメルボルンへ)  早朝ホテルをチェックアウトしてシドニー・セントラル駅へ。スタッフがいない時間なのでルームキーは部屋に残してドアロック。キッチンは24時間オープン、温かいコーヒーを一杯いただき、カップは洗ってカゴへ。玄関ドアは内からは常にオープンで簡単。2日後にこのホテルに戻る。  駅電光掲示で発車ホームを確認。柵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-1】東アジア鉄道の旅-オセアニア2015年4月-

2 出発(2015.04.14)  待ちに待った出発、英語圏の先進国訪問なので緊張感はない。南半球初訪問で季節は真逆、服装に迷うところ。薄いジャンバーを持参へ。  両国とも食料品持ち込みは厳しく制限、私がいつも携行する板状シリアル、ティーバックはなく身軽に。街角の公衆トイレにペーパーがあるのはおそらく日本だけ、1巻持参(後で要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【1】東アジア鉄道の旅-オセアニア2015年4月-

1-1 旅の企画(2014.12.22) (日程)  東アジアを旅すると時々オーストラリアからの旅行者と一緒になる。確かに距離的には近い国。私の東アジア鉄道の旅はシンガポールが最南、赤道以南は未訪問。JFAなでしこジャパンが1-0でオーストラリアを制し、アジアカップ初優勝は記憶に新しいところ(2014年5月)。男子サッカーアジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年・山科と草津の旅-青春18きっぷの旅- 2015.01.08~09

【スケジュール】 1日目:小田原駅東口-(夜行バス)-京都駅八条口   2日目:京都駅-(JR)-山科駅-(JR)-草津駅-(JR)-三島駅-(JR)-横浜駅  往路は夜行バス利用。復路は途中下車しながら旧東海道歩きのロケハン。きっぷは1回分残った青春18きっぷ利用。 藤沢駅 鉄道ファンの私は湘南ライナー1号(藤沢から快速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東アジア鉄道の旅-インド南部2014年11月-

東アジア鉄道の旅-インド-南部2014年11月-をホームページ形式からブログ形式に変更して再アップしました。 【注】 ファイルは13枚に分割、次ページへのリンクあり。写真を多用しています。 【訪問地】 ムンバイ、アウランガーバード、ハイダラーバード、チェンナイ、コルカタ 【アドレス】 http://sey.at.web…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【3】東アジア鉄道の旅-インド南部2014年11月-

旅のまとめ 2014.11.22 (振り返り)  インドは2回目、すぐに違和感は解けた。見慣れた人と動物の景色ではある。どこでもインドは人であふれ返っている、これが一番の印象。もちろん若い人が多い。またインド人は基本的に親切で優しい。自己主張は強いが好奇心旺盛なので、他人の様子・行動をよく観察している。外国人でシニアの私は見ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-11】東アジア鉄道の旅-インド南部2014年11月-..

10日目(ムンバイ帰着)  ホテルで無料朝食バイキングは時間になってもオープンしない。朝食は放棄、送迎車サービスを依頼。無料ではなく130Rs.(260円) で、一般料金は500Rs.(1000円)程だと言う。私は現地の庶民感覚と異なるのが嫌なタイプ。昨日来た道を戻れば良い。右側を道なりに徒歩15分、朝は涼しく気にならない。もちろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-10】東アジア鉄道の旅-インド南部2014年11月-

9日目(コルカタ散策)【つづき】  このインド博物館の北側に安宿街のサダル・ストリート。路地に入ると伝説の日本人なじみの安宿パラゴン、マリアがある。ドミトリーなら1泊2~300円で泊まれるとか。しかし、成熟した先進国の今の日本にとって安宿の存在は、遠い昔の過ぎ去った話、違和感がある。個人的にはインドに来てこうした安宿に泊まらなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-9】東アジア鉄道の旅-インド南部2014年11月-

9日目(コルカタ散策)  コルカタ(カルカッタ)のハウラーJN駅到着は正午。長距離で10分の遅れは驚き。平野部を走行で直線が多く、警笛を鳴らしながら、目視では最高100km/H程度で走行。ただし頻繁に停止を繰り返えした。  コルカタはガンジス川支流・フーグリー川が街を東西に分けている。繁華街のある東側(左岸)・コルカタ地区へは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-8】東アジア鉄道の旅-インド南部2014年11月-

8日目(コルカタへ)  ホテルで朝食バイキングを慌ただしく済ませ、エグモア駅から一駅のセントラル・パーク駅へ。まだラッシュ時間ではなく何とか座れる程度の混雑でほっとした。インドのビジネスアワーは午前10時~午後7時と聞く。  始発駅には1時間前に到着したが、列車はすでに入線、乗客の乗車も始まっている。座席、荷物置場の確保のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2-7】東アジア鉄道の旅-インド南部2014年11月-

7日目(チェンナイ散策)  よく寝て午前6時過ぎに目が覚めた。高温多湿と聞くチェンナイ近郊の車窓風景は、あちこちに沼があり湿潤で緑豊か、とても美しい。そう思っていたら、たちまちものすごい濃霧。列車は最徐行で、さらに到着は遅れそう。幸い濃霧は1時間程で解消、再び列車はスピードアップ。耕作地は二毛作の稲のよう。水が豊かで水路も整備。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more