テーマ:日蓮仏法

現代仏教概説

 sey/ホームページで公開中のコンテンツに、「時空論」を増補しました。 【はじめに】  現代の民主主義、人間主義の視点から仏教を概観します。要点をまとめた概説です。仏教は生命的因果を基本として生命論を展開していると解釈する立場です。最後に、時間は前後関係なので、仏教の基本概念は時間にあると説明しています  どんなに優れた教義…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極の実在とは何か-日蓮仏法の視点-

1 生命の奥底―人間の潜在意識―  古代インドの学僧・無著(むじゃく)、天親(てんじん)は釈迦の大乗経典を解釈して潜在意識を掘り下げ、「唯識論」の仏教哲学を展開している。そこでは、人間の意識・潜在意識を8種類に分類している。  まず、感覚的意識としての6識とは、 第1識・・・眼識 第2識・・・耳識 第3識・・・鼻識 第4識・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二匹のライオンの譬え―仏教の五陰世間―

1 兄弟ライオンの誕生  ライオンは獲物をとるのに有利なため群れで生活する。雄ライオンは一匹で、複数の雌ライオンとその子ども達でライオンの群れが形成される・・・  ある時、アフリカの草原で二匹の雄ライオンが生まれた。母ライオンは狩りが上手で、仲間に公平だったので、このライオンの群れの中で実質的にリーダー的存在だった。兄弟ライオンは母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代仏教概説

 「現代仏教概説」をホームページにアップしました。  現代の民主主義、人間主義の視点から仏教を概観します。要点をまとめた概説です。仏教は生命的因果を基本として生命論を展開していると解釈する立場です。最後に、時間は前後関係なので、仏教の基本概念は時間にあると説明しています  どんなに優れた教義でも、常にその内容を問い直し、含意を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more