介護記録110411

画像3/28 面会 
 夜に訪問、夕食を終えたところ。父は興奮している。女性利用者の一人の方の車いすにつけた鈴がなくなって捜している。ここは認知症棟のため、安全のため利用者対応で音の出るものをつけることがある。鈴は出てきたが捜すのを手伝った父が「こけにされた」と主張。利用者の方が出てきたと現物を見せても納得せず、再度職員が見せてようやく納得。父は耳が遠く言語も不明瞭のため勘違いが多い。
 父は私が妻(嫁)の反対を押し切って父の家庭復帰に反対していると怒っている。その話をスタッフから聞いたと言う。私は本人の意向を尊重して家庭復帰に賛成、妻は当初安全な施設生活の継続を希望。結論としてまず、外泊体験、その後家庭復帰となった。外泊体験は私が泊まり込みだが、父のそばで就寝、頻尿で夜中に起こされるので大変とカンファで発言したのは事実。職員からどう聞き違えたのか、私が悪者になっている。ノートに書き留めて、取り違えと説明。3日分の新聞の届け。

4/3 面会、Aさん訪問
 本日は母の命日。生前親しかったAさんが父の入居する老健施設を訪問して挨拶をしたいという。妻と2人で時間で待ち合わせ。Aさんは父がすっかり元気になったのでひと安心。ひとしきりお互いの近況を報告。Aさんは母の御霊前、父の快気祝いを持参。父も機嫌が良く、けんかばかりしていた夫婦だが、「いないとさびしい」と言う。5年間母のため食事、洗濯などの家事をやったのは事実で、大変だったと思う。4/16、17は墓参をかねた一泊旅行の予定。

4/5 実家の粗大ごみ搬出
 夕方妻と、ベッド、マットレスなど7点の粗大ごみ搬出。手数料納付済みシールを貼り明日の朝8時までに自宅前搬出が条件なので前日に実施。路上でなく駐車スペースに置けて便利。中に大きな電子オープンがあったが、妻に言わせると新婚当時一時同居した時に、持ち込んだものとか。コンセントは入っていなかったので使っていなかったよう。温めるだけの小型の電子レンジに買い換えれば良い。いずれしても台所はリフォームしないと汚くて使えない。

4/9 面会
 6日分の新聞の届け。明日は地方統一選挙投票日。毎回必ず投票している父のために実家に届いた選挙公報も届ける。明日はお昼をはさみ外出予定。地元の町内会館が投票所のため、知った人に父が元気な姿を見せられれば良い。

4/10 外出同行、ファミレスで食事、
 老健施設から父を車で地元の町内会館での投票所へ。投票後にそのまま父を実家へ案内、父にとって久しぶりの我が家。父は貯まった書類を見るわけでもなく、逆に片づけられたベッド、マッサージ機などを気にする訳でもない。ただ台所のテレビをつけお気に入りのイスに座っている。あまり物事に関心がなくなったようでもある。時間で昼食に誘うと、寝室に置いた自分の通帳と印鑑を渡そうとする。私は父の銀行カードを預かってるので、要らないと断る。どこにあったのか私に10万円ほどの現金を出して旅行費用にと言う。隣近所へのあいさつも特に希望しないようで、妻(嫁)、次女(孫)が待つ近所のファミレスへ車で向かう。
 父はいつもの天ぷらうどん。好きなはずの唐揚げを頼んだら2つほど食べる。天ぷら、唐揚げは小さく刻んで渡したが、やはり見た目は良くない。食事はよく食べ、食後のあんみつを含めほぼ完食。
 父は今度の墓参旅行のため髪、ひげがボサボサなのが気になったのか、床屋へ行きたいと言う。妻と娘とはファミレスで分かれ、父の行きつけの理髪店へ。昔から知る人が店主、私も雑談をしながら小1時間ほど付き合う。父はさっぱりした姿。店主はお見舞いに行けなかったのでサービスと言い、代金を受け取ろうとしない。この方は父、夫は亡くなっているが、昔から父とは家族ぐるみでつきあいがあった。
 予定時間をだいぶ過ぎて老健施設へ戻る。職員から昼食後の薬を投薬。

4/11 ベッドレンタル業者から連絡
 何度か留守電メッセージがあったが、ようやく私が在宅、搬入日時の確認。父は4/22に最初の外泊体験。その日の午前10時に決定。私はそれまでに実家の片づけをしなくてはならず頭が痛い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック